MENU

ダウ理論だけで勝てるのか?エントリーより利食い期の見極めが難しい

トレンドを知る上で大事な基本的なダウ理論。これだけで勝てないっていう声もありますが、実際に学んで実践してみました。

高値の切り上げ、安値の切り上げよりも、転換シグナルはどこかを把握するのがポイントになりますね。やってみた結果をまとめみました。

目次

ダウ理論について

ダウ理論は、100年以上も前に、アメリカのチャールズ・ダウが考案したチャートの分析理論です。

元々は、株式市場の分析のために考案された理論ですが、現在では株以外のFIAT(法定通貨)でも、このダウ理論をもとに値動きしています

6つの大原則

ダウ理論には、6つの定義、大原則があります。この6つの原則をもとに動いています。

ダウ理論の英語原文をもとに翻訳してみると、以下の通りです。

  • 価格は全ての事象を織り込んでいる
  • トレンドには短期、中期、長期の3種類がある
  • 主要トレンドには3段階(先行期、追従期、利食い期)がある
  • 指標は異なる市場で互いに確認し合わなくてはならない
  • 出来高は価格やトレンドを確認する
  • トレンドは明確な反転シグナルがあるまで持続する

英語の原文

原文は、英語で「Dow theory」で検索すると出てきます。Wikiを見るのが、他の人の主観が入っていないのでオススメです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Dow_theory

トレンド3段階(先行期、追従期、利食い期)

トレンドを判断する、先行期、追従期、利食い期については、短い足から長い足まで頻繁に登場します。

形さえ覚えておけば、どの足でも頻繁に登場します。

エントリーポイント

エントリーポイントについてはいくつかあると思いますが、先行期で入るのは難しいです。

大口の動きは、上げようと思うと、一旦下げてきますし、下げようと思えば、一旦上げてきます。

一旦動いた後の追従期で入るのが一番安全だと思います。

クローズポイント

利益確定のポイントが、一番難しいです。利食い期であるのは、間違いないのですが、放っておくと、すぐにトレンドが転換したりします。

利確までは粘れって、いうけど、実際は粘ると、こんな目にあうこともしばしば。

値動きが横ばいになったら、粘らずに一旦利確したいところです。

反転シグナルの例

明確な反転シグナルがあるまで、トレンドは持続するとされています。この明確な反転シグナルとは、何かを把握することが大事です。ざっと挙げると。

  • 移動平均線
  • 下位の足、上位足の移動平均線
  • 前回の高値、安値
  • ゾロ目の価格

こんな感じでしょうか。

ダウ理論の実践

実践したところ、そこそこ利益は取れます。

時間軸は5分足で、トレンドが発生したら、その波に乗って、反転シグナルが来たら利確。基本だけでも、以下のような感じになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨botや、MT4のEA開発、インジケーターなどを作ってます。このブログでは検証結果を書いていきたいと思ってます。

コメント

コメントする

目次