MENU

FOMC発表後のドル円の動きはどっち?。

毎回、FOMC(連邦公開市場委員会)発表後にドル円は非常に大きく動いています。たとえ、予測通りの結果で発表されたとしても、 非常に大きく動くことが当たり前のようになっています。この記事では、FOMCで、発表が行われたらどうなるかをまとめてみました。

目次

FOMCとは

アメリカの金融政策を決める会合です。Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略です。

1年に8回だけしか行われない会合ですが、重要度は極めて高いです。

普段ボラティリティが低いドル円でも、発表直後は1円以上動いてきます

直近のFOMC発表後の値動き

過去直近のFOMC発表後にどう動いたかをまとめてみると、以下のようになりました。

予測と結果は、ほとんどズレることはありません。

月日利上げ予測結果下限金利ドル円変化
2022/11/3+0.75%+0.75%3.75%130pips上下
2022/9/22+0.75%+0.75%3%日銀介入も入り500pips
特徴としては、利上げされると、一瞬はドル円は下がりますが、早い時間に元に戻ってます。

2022/11/4のFOMC発表後の値動き

この記事を書いたのは、2022/11/4なので、直近のFOMCの値動きを細かくみてみると

5分足でチェックして長く持たない

長くポジションを持つのは大変危険だと思います。

2022/11/4のFOMCでも、一瞬で130pips値下がりしました。

しかも、その後は、全戻し

1時間足で見ると、異常さがよくわかります。仮想通貨並みの髭をつけて、上昇に転じました。

ポジションを持ち続けると、余裕でロスカットするくらいのボラティリティ(値幅)です。

トレードは細かく値幅をとるか、粘るか

これだけ、値動きが激しいと難しいです。難易度はめちゃくちゃ高いです。なんとか、利益が取れた感じでした

ちょっとやってみましたが、下がる時でも単純に下がるわけでなく、上下しながら下がるので、ハラハラドキドキします。

流れに乗る戦法よりも、逆張りの方がよい気がしました。次回は、その戦略でやってみようかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨botや、MT4のEA開発、インジケーターなどを作ってます。このブログでは検証結果を書いていきたいと思ってます。

コメント

コメントする

目次