MT4でエントリー後のSLとTPの設定方法。

MT4でエントリーしたら、必ずSLとTPは設定しておきましょう。SLとはストップロス(損切り)、TPとはテイクプロフィット(利確)の事です。

目次

SL、TPを設定する理由

MT 4で成り行きでエントリーするとクローズするまでは、何もチャートを見ない方もいるかもしれません。

色々なプロトレーダーの方を見ていると、必ずと言っていいほど SLとTPは、 設定しています。

特に損切りラインをどこに置くかというのが、利益を残す上で非常に重要になるからです

損切りをどこにおくかを決めずにトレードするのはとても危険です。

SL、TPの設定方法

MT4でSL、TPを設定する方法は以下の通りです。

注文変更または取り消し

エントリーしたら取引のタブから右クリックをして「注文変更または取り消し」を選びます。

SLとTPをポイントで設定

その後、注文の変更部分で現在の値段との差のところで、赤い部分が損切り、青い部分が決済の指値を設定します。

注意すべき点はこの時、ポイントで入力しないといけないことです。

何pips?

ポイントなので、ドル円であれば10分の1で計算すれば、pipsになります。

前述の図であれば、200ポイントで設定しているのは、損切りと利確、それぞれ20pipsの箇所に引いたという意味です。

設定後は自由に動かせる

設定後は、チャートにtpとslが表示されるので、自由に動かせます。

SLとTPの位置についてどこに置く?

SLとTPの設定位置について、どこにリスクリワードを考えないといけません。

これは、自分がやっている手法のリスクリワードレシオについて考えないといけません。

リスク=損失、リワード=報酬

自分の売買手法はリスクリワードどのくらいになるか?

負けた時の損失と、勝った時の得の比率を、今やっている手法でどのぐらいになるか?決めておかないといけません。

例えばリスクリワード1:2

リスクリワード1:2であれば負けた時は1、 買った時の比率は2という意味です。

1回負けても、次に勝てば取り戻せるくらいの利益率ということです。

SL、TPをどこに設定する?

SL、TPのラインをどこに設定するかについては、売りと買いが交錯する反発する箇所になります。

主に以下が挙げられます。

  • 直近の安値、高値
  • 移動平均線
  • 上位の時間軸の安値、高値
  • 上位の時間軸の移動平均線
  • 通貨のキリ番のライン

これらは、明確に見て分かるので、利益確定、損切りポイントとして活用されています。

そこでは一旦価格が落ち着く傾向があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仮想通貨botや、MT4のEA開発、インジケーターなどを作ってます。このブログでは検証結果を書いていきたいと思ってます。

コメント

コメントする

目次